M&Aに伴う人の移動

最近、以前にも増してM&Aなどに
関する発表が相次いでいます。


今朝の日経新聞だけでも、

「ユーシン、ナイルスを買収へ」


「カジュアル衣料のマルフル AOKIがTOB」


「英ガラハー きょう臨時株主総会 JTによる買収承認へ」


「樹脂材料強化へスイス社を買収 住友ベークライト」


「トナー用樹脂 三井化学、積水の事業買収」


「きんでん 西原衛生工業所を子会社化」


「牛丼のゼンショー 「かっぱ寿司」を傘下に」

という感じでしょうか。


当然ですが、M&Aには人の移動が伴います。
最近、業界内のM&Aに伴って、社風の違いなどから、
退職をされる方がかなり出ているように思えます。

私が知っている事例では、半年前に合併したある会社。
社風の違いもあり、既に100人以上の方が退職をされています。

自分の会社がいつ買収されるか、他社を買収するか、
想像がつかない時代になっています。

それに備えるという意味で、他社でも通じる力を
身につけておくことが重要ですね。

セミナー予約







posted by 転職 at | 売れる営業ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。