MR職の動向

日経新聞13面ににアステラス製薬の
早期退職者募集の記事が出ています。

500人の早期退職者、更にマネージャー
クラス180人を削減するとのこと。

先日もファイザーがMR600人規模の削減を
決めたばかり。



業界として今後も製薬メーカーのMR削減の
流れは続いていくと見られています。

これは業界の競争が激しくなってきたことが
背景ですが、製薬メーカーのビジネスモデルも
大きく影響をしています。

製薬メーカーというのは典型的な
プロダクトアウト型の業界。

数億規模、数10年単位で新薬開発を行い、
それがヒットするかしないか?で業績が決まります。

従って、


 ・現場の営業力よりも、製品主導型
   ⇒企業の本音としてはそこにお金を投下したい


 ・先行投資の金額が大きい
   ⇒ハイリスクハイリターン型のビジネス


 ・新薬発売は数年に1度。
   ⇒大規模な販促を行うのは数年に1度


そうすると必然的に、数年に1度しかない
キャンペーンのために、営業マンを“固定費”として
抱え込む余裕がなくなってきます。

業界の競争が激しくなってきた中で、
その余裕がなくなってきた、もしくは早めに
そのリスクを見込んだファイザーやアステラスが
営業マン削減を行ってきたというのが今回の流れです。



では、今後MRの絶対数が少なくなるか?
数自体は少なくなってくるはずです。

その中で成長をしていくのが、
コントラクトMRなどの業界でしょう。

例えば、クインタイルズやファーマネットワーク、
アポプラスなど。(コントラクトMRの業界1〜3位)

製薬メーカーにとっては、コントラクトMRを活用することで、
“固定費”だった人件費を、“変動費”化できます。

競争が激化し、かつ、上記のビジネスモデルがありますので、
MRからコントラクトMRへのシフトは今後も進んでいくだろうと
思います。

社員の側からみると、コントラクトMRの企業というのは、
“個々のMRの実力こそが、企業としての競争力”ですので、
社員研修には力を入れています。その点では、個人としての
スキルアップを図りたい方には良い環境という部分もあります。

※年収面については、製薬メーカートップクラス>コントラクト
 MRトップ群の企業>製薬メーカー中堅>コントラクトMR中堅と
 いった形です。


今後、“製品主導の製薬メーカー”が“人主導のコントラクトMR”を
活用していくという構図が今後定着していきそうです。


セミナー予約







posted by 転職 at | 売れる営業ノウハウ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。